スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)

 民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京)の創業者で会長の石橋博良氏(63)が22日午後、十二指腸乳頭部がんのため死去した。同社が24日、発表した。
 葬儀は近親者のみで行い、近く「お別れの会」を開く。
 石橋氏は千葉県出身。1986年に日本初の民間気象情報会社としてウェザーニューズを設立。99年から代表取締役会長を務めた。 

虐待の傷跡…絵は叫ぶ「お母さん!」 確かな境遇への渇望(産経新聞)
自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)
山田宏杉並区長辞任へ 参院選出馬の見通し(産経新聞)
<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)

資格試験の二段階化を=公認会計士協(時事通信)

 日本公認会計士協会は17日、資格試験を「予備試験」「公認会計士試験」の2段階方式にするよう求める提言を発表した。最初の予備試験の合格者を「準会計士」と位置付け、監査法人など企業に就職して実務経験を積むことを可能とする。
 提言によると、準会計士は企業で3年間の実務経験を積めば公認会計士の受験資格を得られ、この間、十分な専門性を身に付けられる。予備試験の合格者数は毎年1500人〜2000人を想定。年間合格者を抑制することで、会計士の就職難を解消するのも狙いだ。 

パチンコ店に3人組強盗、女性店員縛り360万円奪う 千葉(産経新聞)
聴取4時間半、「潔白」繰り返した小沢氏(読売新聞)
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益(医療介護CBニュース)
車に振り落とされ男性死亡=侵入男逃走止めようと―2人出頭、逮捕状請求・京都府警(時事通信)
H2Aロケット 新たな打ち上げ予定は21日早朝(毎日新聞)

介護者の悩み聞くボランティアを育成へ(医療介護CBニュース)

 NPO法人介護者サポートネットワークセンター「アラジン」は5月7日までに、介護者の悩みや不安を聴き、その活動を支えるボランティアを養成するための講座を開設することを決めた。ここ数年、悩みや不安を抱え、同センターへ連絡してくる介護者が増加していることを受けて企画されたもので、講座ではロールプレイングなどを通じ、「聴く力」を持ったボランティアの育成を目指す。

 アラジンでは2003年から、介護者の不安や悩みを解消してもらうために「介護者のための電話〜心のオアシス〜」を、毎週木曜の午前10時半から午後3時に開設している。相談件数は、07年には62件だったが、昨年には123件まで増加。女性だけでなく、男性や若い介護者からの相談も増え、その内容も多様化していることから、「聴き手」を育成する講座の開設を決めた。

 講座は7月1日、8日、22日の3日間にわたって実施され、電話相談を受けるためのロールプレイや、TAMA認知症介護者の会「いこいの会」のメンバーらによる講演などが予定されている。参加資格は、木曜にボランティア活動が可能で、全日程への参加が可能な人。定員は20人で、希望者多数の場合は抽選となる。申し込みの締め切りは6月26日。申し込み・問い合わせ先はアラジン03(5368)1955。


【関連記事】
介護殺人、12年間で少なくとも454件発生
仕事を辞めず、介護をしていきたい
介護と仕事の両立をテーマにフォーラム
家族支援に見た「認知症介護最前線」
24日に「介護の文化祭」を開催

スリランカ大統領 来月、訪日の意向 「内戦後の現状訴えたい」(産経新聞)
首相、徳之島への移転要請=3町長は拒否へ−普天間(時事通信)
不要欄付き子ども手当て申請書、仙台市作り直し(読売新聞)
杭打ち方式「業者が潤うだけ」…亀井金融相(読売新聞)
管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)

米兵放火の賠償金8年未払い、防衛省作業遅れ(読売新聞)

 神奈川県横須賀市公郷町で2002年7月、米兵がマンションの一室に放火した事件で、防衛省の作業の遅れが原因で、事件から約8年経過した今も、部屋を所有する同市の被害者男性(66)に損害賠償金が支払われていないことが分かった。

 事件は同年7月27日に起きた。米兵が同町の賃貸マンションの一室に侵入し、家具などを盗んだうえで放火し、部屋を全焼させた。

 米兵の身柄は米軍が拘束。県警は03年1月に現住建造物等放火などの容疑で書類送検したが、横浜地検横須賀支部は不起訴とした。米軍は同年5月、軍法会議を開き、米兵の他の犯罪を含めて除隊とし、懲役25年を言い渡した。

 被害者の男性は同年12月、日米地位協定に基づき、約1050万円の損害賠償請求書を横浜防衛施設局(現・南関東防衛局)に提出。同省は調査・査定後、在日米軍司令部を通じて報告書を送り、米政府が慰謝料の額を決めることになっていた。

 ところが、同省が報告書を送ったのは請求書が提出されてから6年以上たった先月末。同局は「作業を放置した訳ではない。米兵の放火は特殊事案で、被害額の算定に手間取った」と釈明しているが、19日、同市内で被害者の男性に「時間がかかって申し訳ない」と謝罪した。

 男性は20日に横須賀市役所で記者会見。男性によると、これまで同省に3回ほど賠償の見通しを問い合わせたが、具体的な説明はなかったという。男性は「防衛省の怠慢だと思う。信頼をなくした。担当者は自分の身になって考えてほしい」と訴えた。

<中国毒ギョーザ>警察庁で日中情報交換会議(毎日新聞)
児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収−広島県警(時事通信)
事業仕分け:自動車アセスメントに厳しい判断(レスポンス)
【暗流独法「仕分け」】基盤研 天下り法人と癒着 不透明な契約も明らかに(産経新聞)
アパート火災 男性1人死亡 尼崎(産経新聞)

<中央防災会議>3地震同時発生を想定 防災の日に訓練(毎日新聞)

 政府の中央防災会議は21日、東海、東南海、南海地震が同時に発生した場合について、都府県別の被害想定を公表した。死者数は最も多い静岡県が8100人で、愛知、三重、和歌山、徳島、高知の5県も1000人を超える。同会議はこの想定を踏まえ、今年の防災の日(9月1日)の訓練では、初めて3地震が連動して起きた場合を想定して実施することを決めた。

 03年に中央防災会議の専門委員会が算出したデータの詳細を公表した。午前5時に風速15メートルの条件下で地震が発生したとの想定。建物被害も静岡県が最多で、揺れや津波、火災などで全壊棟数は23万棟に達するとした。

 中井洽防災担当相は記者会見で「3地震が連動して起きた時の態勢は作られていない。大きく想定した方がいざという時に安心できると考え、3地震連動の訓練とした」と話した。【飯田和樹】

東海、東南海、南海地震が同時に発生した場合の都府県別被害想定

     死者数    全壊棟数

千葉     −      60

東京     −      40

神奈川   10     600

福井     −      30

山梨   200    5100

長野   100    3700

岐阜    30    3900

静岡  8100  230000

愛知  1900   91000

三重  2600   51000

滋賀    10    1200

京都    10    1200

大阪    50   13000

兵庫   100    6100

奈良    10    1400

和歌山 4600   48000

岡山    50    5900

広島    30    4000

山口    10     500

徳島  1300   15000

香川     −    1700

愛媛   200    4600

高知  4900   55000

福岡     −      20

熊本     −      30

大分    30    1200

宮崎   500    3000

計  25000  550000

※午前5時発生、風速15メートルの条件で想定

※全壊棟数には焼失棟数も含む

※各都府県の数字は概数のため合計と合わない

【関連ニュース】
チリ大地震:三陸沿岸などの津波被害 激甚災害に指定
チリ大地震:津波に6割避難せず…内閣府など調査
チリ大地震:支援空振りで1800万円損失
余録:中国・青海省地震
チリ地震:津波遡上5キロ以上も 高さ6メートル

“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)
<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
外交・安保公約で検討チーム=民主(時事通信)
米の鳩山政権不信、頂点…5月決着「期待せず」(読売新聞)
オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)

ケージ侵入の瞬間公開=トキ襲撃のテンか−環境省(時事通信)

 新潟県の佐渡トキ保護センターで放鳥に向け訓練中だったトキがイタチ科の小動物テンに襲われた問題で、環境省は13日、「トキの死亡事故にかかる検証委員会」の第2回会合を開き、テンがケージ内に侵入する映像を公開した。委員の専門家は「テンは木登りが得意。余裕を持っている様子があり、映像のテンはケージを縄張りにしているのではないか」と指摘、3月にトキを襲ったテンの可能性があるとの見方を示した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄
「脳トレ」で高齢者事故防止=出張講座、「ゲーム感覚」好評

<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
ミクシィで同級生に「死ね」=容疑で農林中金職員逮捕−警視庁(時事通信)
パトカー衝突事故で女性が骨折 群馬県藤岡市(産経新聞)
幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)
<愛知5人殺傷>県の機関や警察の助言でネット停止(毎日新聞)

ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)

 宮城県のゴルフ場でアマチュアゴルファーがボールを打ったら火が出て、芝生が焼けた。マンガのような珍事はなぜ起きたのか?

 奥羽山脈のすそ野に広がる大和町の「ミヤヒル36ゴルフクラブ」。10日は絶好のゴルフ日和だった。17番ロングホールの2打目。同県の50歳代の男性会社役員が、フェアウエーを外れてラフに入ったボールをステンレス製の5番アイアンで打つと、火花が散った。芝に燃え移った火は約900平方メートルを焼き、約25分後、消防隊に消し止められた。

 刈り込まれていないラフの芝は高さ数センチで、下は砂地。芝の上のボールを打った男性は、県警大和署の事情聴取に「クラブはボールにきれいに当たった」と話した。実際に、グリーン方向のフェアウエーに飛ぶ“ナイスショット”だった。しかし、同署の現場検証では、ボールに焦げたような跡はなかった。

 何が起きたのか。金属加工に詳しい早稲田大の不破章雄教授は「砂を巻き込んだり、芝に浮いた砂と接触するだけでは、こうした現象は起きにくい。本人が気付かないうちにクラブが地面をこすったのでは」と指摘する。男性が「ダフった」結果、金属ヘッドと砂地がこすれ合って摩擦熱を生じ、粉になった金属が火花となって散ったと推測。「火打ち石やライターと同じ」と説明する。

 アマチュアゴルファーの平均的ヘッドスピードは秒速40メートル前後。ゴルフ用品メーカーは「スイングを繰り返す製品テストでも、火花が散ることは時々ある」と言う。石川遼選手で秒速52メートルというプロの世界。さぞ火花が散っているかと思いきや、日本プロゴルフ協会は「プロの大会では見たことがない」ときっぱり。ボールをしっかりミートすれば、火花が出る危険はない。

 それにしても、「スイングの火花による火災は聞いたことがない」(アマチュア団体の日本ゴルフ協会)と関係者は驚く。宮城県内では5日連続で乾燥注意報の発令中だった。さらに芝が生え替わる時期で、多くは枯れ草。こうした条件が重なって起きたらしい。

 同様の火災は米国でもあった。米国ゴルフコース管理者協会によると、2007年6月にネバダ州のゴルフ場でラフからボールを打ったところ、芝に火がつき、約8万1000平方メートルを焼いた。このゴルフ場でも芝は乾いていたという。

 スイング火災はともかく、ゴルフ場では野焼きの延焼などで芝が燃えることがたまにある。今回の火事では、男性らが芝に帽子をかぶせ、靴で踏んで消そうとした。しかし、これは煙に巻かれる危険がある。総務省消防庁は「素早く119番やクラブハウスに連絡を。自ら消そうとせず、従業員の指示に従って避難して」と呼びかけている。(東北総局 中根圭一)

<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
<チリ大地震>津波に6割避難せず…内閣府など調査(毎日新聞)
【第48期囲碁十段戦】第3局 下辺で激しい競り合い(産経新聞)
実務者協議見合わせ=普天間、岡田外相と大使で調整−日米(時事通信)
「県外への機能移転」検討=北マリアナ諸島は否定的−平野官房長官(時事通信)

民主党の小沢幹事長にまつわる忖度政治の代償(産経新聞)

 【松本浩史の政界走り書き】

 すったもんだのあげく、元の鞘におさまった民主党の生方幸夫副幹事長をめぐる解任騒動には、開いた口がふさがらなかった。小沢一郎幹事長の気持ちを推し量った高島良充筆頭副幹事長の勇み足のようだが、この迷走劇は「忖度(そんたく)政治」と揶揄(やゆ)され、小沢氏と周辺議員とのいびつな関係をあらわにした。

  [フォト]小沢一極体制を問題視する民主党の生方幸夫副幹事長

 忖度政治はもはや、小沢氏の代名詞のようになっており、今の民主政権や党運営を象徴するキーワードにもなっている。だが、そうした政治の結末は、小沢氏が足跡を思い起こせば、容易に察しがつくのではないか。いつでも忖度政治なる異空間に身を置いてきたのだから。

 自民党額賀派で、かつての小沢氏を知る関係者はこんな見立てをしている。

 「ほどなく側近同士のケンカが始まる。そのときに小沢氏が重用した政治家はますます増長し、切られた者は『反小沢』の急先鋒(せんぽう)になる。小沢氏が自民党を離党してから、周辺では、そうしたことが繰り返され、最終的に小沢氏の率いる勢力も小さくなり、存在感がなくなる」

 小沢氏は平成5年に自民党を離党し、新生党を結成。行動をともにした政治家は、衆参両院で約40人にのぼる。だが、その後大半が小沢氏から離れ、自民党への復党や新党の結成に走り、たもとを分かった。

 そのころ、新生党への参加議員で「小沢氏側近」を自任していたある国会議員2人の会合をセットした民主党関係者は、ホテルの一室で繰り広げられた大げんかを目の当たりにした。2人は蜜月関係で小沢氏を支えていた間柄。だが、しまいには「なぜこいつをつれてきたのか」と双方から詰め寄られ、往生したという。

 個別に会っても、相手方をののしり、「自分こそが小沢氏の信頼を得ている」と声高に話したのにも、辟易(へきえき)したそうだ。もっとも、ときを前後して、2人とも小沢氏と距離を置くようになり、対立する立場に転じている。

 民主党の小沢グループは100人以上おり、党内で最大の勢力を誇る。若手議員ばかりで、良くも悪くも「上意下達の体育会系」(若手)的な結束力を誇っており、政治家同士がいがみ合うこともない。政治経験が浅いから、今や政界随一の実力者となった小沢氏に進言するような政治家は、いようはずがない。かくて「お山の大将」になった小沢氏の意向を忖度するしかない環境が醸成されているわけだ。

 とはいえ、そうこうしているうちに、若手議員の中で「忖度合戦」が激しくなってぎくしゃくしたり、浮世離れした空間に嫌気がさし、グループから飛び出す政治家が出てこないとはかぎらない。そうなれば、小沢氏やその周辺は「いつか見た光景」を再び世論にさらけ出すことになる。

 もっとも、組織の人間関係にあって、忖度することはすべてが悪ではない。サラリーマンでもOLでも、周囲に気配りできない人物は、敬遠されがちだ。そうした配慮が組織に活力を生み出し、業績アップに結びつけば、願ったりかなったりだろう。

 民主党では、小沢氏への忖度ばかりに多くの政治家が気をもむ結果、国政選挙の結果を左右するとまでいわれる世論への忖度を忘れ、支持が急落する「負のスパイラル」に迷い込んでいる。

 例えば、「政治とカネ」の問題について、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が3月に実施した合同世論調査では、89・5%が小沢氏に国会での説明を求めており、幹事長を辞任すべきだとの回答も74・3%に達した。

 世論ばかりに目を向けた政治を実現するよう求めているのではない。内政でも外交でも、そうと信じて遂行する政策ならば、政権や党の消長をかけて取り組み、その覚悟や実績が後世に評価されることもある。

 だが、「政治とカネ」の問題は、ひとえにその政治家自身の体質から出ており、国家の命運を左右するテーマではない。ましてや世論の離反を招いている情けない状況を打破するには、内向きのつばぜり合いにあくせくしていていいはずがない。このままだと夏の参院選で民主党が単独で過半数を獲得するのは「夢のまた夢」となるだろう。

 過日、小沢グループのある若手に、閉塞(へいそく)状況を打破する腹構えがあるのか、さぐりをいれてみた。

 「それはわかっているんだけどね。でも、小沢氏にはもちろん、グループの中で、『小沢氏の幹事長辞任やむなし』なんて言えるわけがない」

 小沢氏には、幹事長職を退く意思がないと忖度し、言いたくても黙っている方が得策だ−。深い霧に包まれて、陽がささない樹木の陰でジッとしている小動物ような頼りなさを感じた。

 小沢氏は平成18年4月に民主党第6代代表に選出された際、両院議員総会で、「まず、私自身が変わらなければなりません」とあいさつし、それまでついてまわった「側近政治」「強権政治」などのイメージ払拭(ふつしよく)をアピールした。それから約4年たった今、若手議員に囲まれて、どこか先祖返りをした感を受ける。

 あまり知られていないが、小沢氏は平成4年、新生党の母体となった改革フォーラム21を立ち上げた際、羽田孜元首相らと座右の銘をしたためた湯飲みをつくった。

 「無心帰大道」

 小沢氏の湯飲みにはこうある。忖度される環境に安住し、心を無にして耳の痛い聞くべき話を聞かなければ、小沢氏は「大道」を見失いかねない。

【関連記事】
「小沢vs生方」は先送り 小沢氏は退席 生方氏は会見司会から除外
小沢氏の矛先は“便乗閣僚”に?
批判は許さん!小沢取り巻き“生方イジメ”過熱
民主・小沢幹事長「時間ない」 生方氏解任撤回も直訴無視

<葬儀>藤井黎さん=10日午後1時、仙台市の斎苑別館(毎日新聞)
伊蔵・魔王…幻の焼酎、無免許ネット販売で摘発(読売新聞)
立教大生殺害で公的懸賞金=有力情報に上限300万円−殺人罪の時効まで1年(時事通信)
北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)
車の電動窓で女児指切断=母親気付かず操作−東京(時事通信)

<秋葉原>防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)

 東京・秋葉原で起きた無差別殺傷事件(08年6月)の現場となった中央通り周辺に、地元の秋葉原電気街振興会などが34台の防犯カメラを設置し、1日、運用開始の記念式典があった。日曜祝日は歩行者天国だった中央通りに防犯カメラが設置されるのは初めて。歩行者天国は事件後中止されたが、地元は再開に向けて協議を続けている。

 事件以降、地元では官民一体の「地域連携部会」で「安全で活気ある街づくり」に向けた防犯パトロールなどを続けている。記念式典で同部会の大塚實会長は「犯罪抑止力を高め、安心安全への大きな一歩を踏み出すことになる」と話した。

 防犯カメラは24時間撮影して1週間保管する仕組み。原則非公開だが、捜査機関から要請があった場合の犯罪捜査には協力するという。【山田奈緒】

【関連ニュース】
患者骨折:カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か
監視カメラ:高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中
兵庫・佐用共立病院の患者骨折:カメラ設置後被害なし 元看護師、体制強化察知か
まちかど:防犯カメラ23台設置−−戸田市 /埼玉
知りたい!:監視カメラ、高性能化 紙幣の番号までくっきり

<若林元農相>議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
蓮舫議員「省庁にお伺いを」…1年生仕分け人指導(読売新聞)
派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
自宅ベランダから乳児2遺体=37歳の母親逮捕−大阪府警(時事通信)
新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞)

遺棄は22日夜以降か=長期間密閉の可能性−スーツケース遺体・金沢(時事通信)

 金沢市二俣町のがけ下で、頭部のない女性の遺体が見つかった事件で、遺体が入っていたスーツケースは22日夜から26日早朝の間に現場に捨てられた可能性が高いことが30日、第一発見者らへの取材で分かった。石川県警金沢中署捜査本部は同日午後から遺体を司法解剖し、詳しい死亡時期や死因などを調べている。
 捜査関係者によると、遺体は死ろう化しており、密閉され外気に触れない状態が長期間続いていたとみられる。
 スーツケースは付近で道路工事をしていた男性会社員(44)が見つけ、29日に通報した。 

【関連ニュース】
がけ下に頭部のない女性遺体=スーツケースに全裸で

男性刺され死亡 福生駅前の路上 交通トラブル?(産経新聞)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)
<金沢死体遺棄>スーツケースは22日以降に廃棄か(毎日新聞)
「飛び込み出産」7割がハイリスク(読売新聞)
岩手・宮城で被害61億円 チリ大地震「襲来」1カ月(河北新報)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
レンタルサーバー ランキング
クレジットカード現金化
審査 甘い キャッシング
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    カナ (08/27)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    志波康之 (01/15)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    桃医 (01/09)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    ソルバルウ (01/02)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    こういち (12/24)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    モグモグ (12/16)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    パイン (12/11)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    ばきゅら (12/07)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    俊之 (12/03)
  • 石橋博良氏が死去=ウェザーニューズ創業者(時事通信)
    XXまるおXX (11/21)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM